うきうき離れ家

ukiukiwa.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

あの頃は・2005年4月28日

知り合いに昭和初期の東京事情など興味深いお話を伺う。
まだのどかだった頃の渋谷の様子、その方はなんとあのハチ公を見たそうな!
こんなに有名になるとは思わなかったと・・・そりゃそうだ。

そこまで昔ではないけれど、
私にとっても渋谷はかなり親しみの有る駅であった。
東横のれん街、東急文化会館などでの買い物はもとより、東横劇場へもよく行った。
戦後、歌舞伎もここでずいぶん上演されていたと思う。
賑やかなところではあったが、今の渋谷とは違った。
ここはどこ?
ひとひとひと、人人人
ハチ公がどこかにいるはずだが・・・・
d0015580_19153982.jpg


d0015580_2084844.jpg
ご多分に漏れず駅前に
○コムやレ○クはあれど、
ハチ公口にハチ公なし?















いたいた、上の写真ずっと奥、真中よりちょっと左よりにちょこんと座っている。
見てみて、わかる?わかった?いたでしょ?
d0015580_2041481.jpg


本物のハチを見たかったなぁ、会いたかったなぁ、と思う。
その頃の渋谷は・・・なんて事言ったってしょうがない。

明日から
連休の方、飛び石の方、仕事の方、いろいろだろうけれど
ここの人出がすごいだろう事は間違いない!
[PR]
by ukiukikimono | 2005-04-28 23:09

りらさん訪ねて何千里(笑)・2005年4月21日

車内でのこと。
年齢70歳くらいか?と思われるご婦人が座っていた。
その前に3、4才の孫とおぼしき女児を連れた人が立った。
なんと座っていた老婦人がその女児に席を譲ったのだ。
何?どうして?いつからこうなったの?

わからない。
席を譲る人もわからない。
孫を座らせる人もわからない。

近頃よく見かけることだけれど
孫を連れて電車に乗り込んでくるおじいさん、おばあさん(と言っても若いが)
まず子供を座らせる。

これは違うだろうて。

根は深いのだなぁ。

三代さかのぼらないとダメか。

今日は久しぶりに着物で遠出、なのにこんな事でモヤモヤイライラ。


この柔らかい緑と久しぶりの桂川に和む。
d0015580_0572264.jpg

                      伊豆修善寺。
                      里帰り中のりらさんと対面す。

                  爽やかな風、晴れ渡った空、伊豆の山々は良き哉。
[PR]
by ukiukikimono | 2005-04-22 14:20

ピンポン外交・2005年4月20日

d0015580_2301047.jpg遠い遠い昔の事だけれど
中学、高校の6年間卓球部にいた。
春休み、夏休み、冬休み、そして日曜日は
合宿や強化練習、試合や遠征などで明け暮れる毎日。
d0015580_145373.jpg優勝なんかしちゃったりも・・・




当時指導に来ていたコーチャーが
卓球の選手を引き連れて中国へ行って来たという話にびっくり仰天した記憶有り。
その頃、昭和30年代まだ日本と中国に国交なく
私たち中高生にとってその国はまったく未知であったから。

1956年、東京で世界卓球選手権が行われた際
中国が参加、それをきっかけにして日中間で卓球交流が始まった。(と後から知った)

以前TVで観たのだが(たしかNHK)
1961年、
北京で開かれた世界卓球選手権に出場した日本の女子選手に対して
中国観衆は先日のサッカー・アジアカップの試合の比ではなく
一人で何千人もの敵を相手に戦っているようであったという。

そのような状況でこの女子選手は実に正々堂々とした態度を貫き
その姿は周恩来首相の心をとらえた。

周恩来首相は
勝っておごらず、負けてくじけない、
この風格を中国は学ばなければならないと彼女をたたえた。

この女子選手、20才の松崎キミ代さんであった。
[PR]
by ukiukikimono | 2005-04-20 01:25

東京の車窓から・2005年4月9日

ま~るい緑の山の手線♪
まんなか通るは中央線♪

桜の名所は数あれど
d0015580_2147110.jpg
車窓から見る桜、特に中央線市ヶ谷~お茶の水間好きだなぁ。
d0015580_13222860.jpg
この季節になるとわざわざ中央線に乗ってみる。
d0015580_1284721.jpg
車窓からサーーと見るだけ、それがいい。

でも今年は「途中下車の旅」、お茶の水で下車
この駅の雰囲気、聖橋からの景観、いいでしょ。こちら側にサクラはないが、それがまた良し。
d0015580_12405770.jpg

それから

d0015580_1226443.jpg
思いでいっぱいの
「四谷」でも降りる。
フォームから
見上げるこの様子が好き。
ここにはJ大学、
F学園があり、
新入生はこの美しい桜に
見惚れただろう。
I教会で
挙げる結婚式なら
この時期がいいんじゃない?

満開満開
d0015580_1231153.jpg
そして人人人、席取りの人、お役目ごくろうさま。敷物の上にはすでに花びらが。
d0015580_12354166.jpg









d0015580_12381939.jpgこんなゴージャスな席作りも
ホコリがひどいのでできればこの方がいいなと思う。










いづれにしても
やはり桜は車窓からに限る。

続く
[PR]
by ukiukikimono | 2005-04-10 20:00

花見弁当・2005年4月7日

d0015580_186353.jpg昨日、「ちょっと桜を見に行くわ」と姉達から連絡。
「忙しいのに困る」とも言えず、急きょ食事の仕度をする。
近所の桜のこと、花の下で食べるわけじゃない。
けれど、気分を出すために、
春慶のお重なんぞに詰めてみる。
中味はともかく、それらしく花見弁当になるじゃなぁ~い!!
d0015580_1826533.jpg

「雰囲気」とか「らしさ」って大事だと思う。
青いシートやビニール袋に入れたお弁当は
いやだなぁ。
ましてカラオケ、鉄板焼きなんて、、、
花は静かに見るべし、花見は近所に限る!
と昨日は気炎をあげていた。

行ってしまうんだな、これが。
本日
花見定番中の定番、行って参りました。
[PR]
by ukiukikimono | 2005-04-06 20:30 | 今日の一品

さくらさく・2005年4月6日

ここ2、3日朝昼夜と気温の差が激しい。昼間買い物から帰ったら汗かいてしまった。
近所の遊歩道、いよいよ咲き出した、桜。
この時期になると開花が待ち遠しい気持と
まだまだ咲かないでいいよという想いが入り混じって千千に心乱れる。
やはり日本人にとって特別な花なのだろうか
d0015580_13583081.jpg
d0015580_2101842.jpg
4月5日午後2時
遠目にはまだほわんと色づいて見えるだけだけど側に近づくとセッカチさんが何とももかわいい。
[PR]
by ukiukikimono | 2005-04-06 07:30 | 木草花

チャラララララ~♪・2005年4月5日

d0015580_1054093.jpg雑感をブログに移したら、
  調子が狂ってしまった。
   間借りしているような、
      居候のような・・・
レイアウトもいろいろできるらしいけれど
   まぁ、離れなのだからさっぱりいこう。
d0015580_1032132.jpg
                  






困った時のミークン頼み。
         チャラララララ~♪
              おバカな春の日
[PR]
by ukiukikimono | 2005-04-05 19:30 |

春の夜・2004年4月3日

あるじはたそや白梅の、香りにむせぶ春の夜は
朧の月をたよりにてしのび聞きけん妻琴か
そのわくらばの手すさびにそぞろに酔える人心
かすかにもれし灯火に花の姿は照りしとか 
たをりははてじ花の枝、なれしやどりの鳥なかん
朧の月の うらみより、その夜くだちぬ春の雨
ことはむなしく音をたえて いまはたしのぶかれひとり 
ああその夜半の梅が香を、ああその夜半の月影を

土井晩翠「はるのよに」
これに天才宮城道雄が曲をつけた筝曲「春の夜」は手事部分には替手が付き、
後に尺八も加えられ、たおやかで美しい曲。

昔、実家の床の間に立てかけてあった琴、母が嫁入りの時に持ってきたものだが
嫁いできてから一回もこれを弾いていなかったと思われる母は
琴を習いたいといった私に「いまどきあんなものはダメよ」と言った。

「芸者さんになる!」と言ったりヘンテコでワケワカラン子供、
そのうえ成績悪く劣等生、ブスで学校嫌いだった私。
そんな娘に危険を感じていたのだろう。

ピアノでもすれば音楽の成績が上がると考えたらしい。
それでなくとも昭和20年代後半から30年代は世をあげてピアノピアノ。
だからといって、したくないものを無理にさせようたってそれこそダメよ。

それから何十年かが経った昭和50年
すんばらしく男前の先生に出会い弟子入り、琴を習い始めた。
その師匠と一緒弾いた「春の夜」d0015580_1435710.jpg
尺八のおじさんとちゃいますよ。
それも遠い遠い昔。。。。てなことを思い出したのも
ぼわーーんとした春の空気のせいかしらん。


追伸
今思えば・・・・ピアノ習っておけば良かった、やっぱりバカだった。
[PR]
by ukiukikimono | 2005-04-03 15:24

春一番デビュー・2005年4月1日

男も女もすなるブログというもの
われもしてみむとてするなり。

このところ容量オーバーなどをきたしているうきうききもの母屋。

「横浜物語」を手始めに、あちこちに少しづつ分散させようと思ったものの
すでにアップしてあるものを再度作り直すのはいささか面倒。

どうしたものか、
この際やはりブログか・・・・

今までの「雑感」にも未練はあるしなぁ~と迷っていた。


掲示板使用不可になった場合でも、とりあえずここなら会話できる。

4月は新しいことをスタートさせるにはふさわしい月。
開花が遅れていた桜もこの月を待っていたかのように咲き出した。

休日、パーマをかけに行く予定であったけれど
思いきって離れを増築、「雑感」の引越しを決行。
まだ不慣れゆえお見苦しき点はご勘弁願って、ミークン共々よろしくお願いいたしまする。
d0015580_1025462.jpg

[PR]
by ukiukikimono | 2005-04-01 00:18 | ご挨拶