うきうき離れ家

ukiukiwa.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

仲良し2005年5月30日

d0015580_1536370.jpgエルくんです。
時々通る道沿いの家で飼われているゴールデン。
呼ぶとフェンス際まできてくれる
かわいいかわいいかわいい。

けれどいつも繋がれている
繋がれている犬を見るのはつらいわ。
優しい目
あんまりいとおしくてジンとしてしまう。
そこはかとなく寂しげな気配が漂って
それが気になる。
ここはとても蚊が多いし
はっきり言って広い庭じゃないからねぇ
でも飼い主さんがかわいがっている様子は
垣間見られる。


天気予報がはずれ、雨の月曜日
久しぶりのおしめり、気温は17度くらいか肌寒い。


と書いたところでTVをつけたら
訃報
二子山親方逝く
享年55歳

[PR]
by ukiukikimono | 2005-05-30 20:35

穏やかな日曜日・2005年5月29日

d0015580_817181.jpg

良く晴れ上がった空、澄んだ空気
梅の実がこんなにたくさん!
葉っぱと同じ色なので気がつかなかった。
見事な保護色
時には
見上げてごらん昼の空を♪

[PR]
by ukiukikimono | 2005-05-29 12:00 | 木草花

冷やし中華始めました・2005年5月29日

d0015580_22242741.jpgこんな張り紙が中華料理店に出る季節。
冷やし中華って好き。
だけど外では食べない事にしている、昔から。
で、
深夜に突然食べたくなったので、作る。
正当派冷やし中華に鳴門巻は欠かせない。
一時鳴門のあの赤がよくないと
有るか有らぬか噂が出て
ラーメンからも消えた。
あれが無きゃダメざます。
キウリ、キャベツの千切り、トマトの薄切りに
卵焼き、ゆでブタをのせる。
タレは食べる間際にかけなきゃね。
あ、紅ショウガが無かったか、残念。

昨日は久しぶりに着物友達と会う。
ちょっと協力して頂きたき事有りで、お集まり願ったのだけれど
何故かごたついて迷惑をかけてしまった。
どうしてこうなるの?と思うけど
何はともあれ貴重な土曜の午後、時間を割いて下さってありがとう。

[PR]
by ukiukikimono | 2005-05-29 01:00 | 今日の一品

花の後には・2005年5月27日

d0015580_1983630.jpg

ユスラウメ?
ウメといいながら桜桃とはこれいかに
ところでこの実は食べられるのであらうか。
おいしそうだけど・・・

[PR]
by ukiukikimono | 2005-05-27 20:35 | 木草花

連鎖反応・2005年5月26日

長唄というと反射的に思い出してしまう人がいる。
山口瞳さん・男性自身シリーズ「父のステッキ」(昭和42年頃に書かれたものか?)
5月1日に、国立劇場で、長唄研精会の第五百回記念公演が行われた。
という一文で始まる「秋しぐれ」
そこに書かれている一部
** プログラムをみているうちに、私は、忘れていたひとつの名前にぶつかった。
   それは、吉住小敞次という人である。
   昔、私の家のすぐそばに住んでいた。
   ほっそりした美男子で、人柄もよかった。
   線は細いけれど箔屋町の芸風を素直にうけついでゆく人のように思われた。

   私は、ずっと彼の名を追っていった。
   するうちに、次第に、息がつまってくるのである。
   小敞次の名は、私の予測に反して、戦前最後の公演である
   18年9月18日の帝劇の演奏会にも出ていた。
   「そうすると、もうちょっとのところだったんだな」
   吉住小敞次はフィリピンで戦死していた
**

これを読むたびに
私までドキドキしてきて、何度読んでもどっと涙が出てしまう。
以来、長唄というとこの文章と
見も知らぬ吉住小敞次さんという方を想う。


で、
何故突然に長唄かというと
今日着物着て下駄屋さんへ、と思ったわけです。
戴き物のお召単衣を着たいけど
ちょっと短めの袖丈に合う長襦袢はっと・・・ああこれこれ
ぴったりぴったり!
d0015580_19421525.jpg父が生前長唄の会に着ていた絽の襦袢、
女物に仕立て直してあったのだ。
そうそうこのお召を下さった方も長唄をされていて父と同じ社中だったはず。
と、ここからどんどん連鎖反応がおこり
d0015580_209488.jpg父が使っていた古い古い長唄の稽古本を引っ張り出す。
と、中から小さい紙切れ「長唄浄観」定価四百五拾円
盟友吉住小三郎先生と長唄研精会を起こして今日の地位を築き上げるまでの云々と書いてある宣伝チラシ。
裏には「文化譜による三味線手ほどき」
待望の三味線と文化譜の入門書が出来ました。定価百円。
なんていう広告が出てきたりして。d0015580_20155590.jpg
発行所邦楽社
電話 芝○○番なんて
書いてあるじゃな~い。
見たいわこの本。
どこまで続く
この連鎖。
出かけるのがすっかり遅くなってしまった。
[PR]
by ukiukikimono | 2005-05-26 23:00

月曜日の花キューピット・2005年5月23日

d0015580_15392761.jpg月曜日
ピンポーンのチャイム、花篭が届けられた。
ああ、もう1ヶ月近くも経ってしまったのか
今更ながら思う。
配達時間指定には昼休みは避けるようにと注意書、
相変わらずの気配りねぇ、もっと気楽にしようよ。
添えられたカードに懐かしい字で
お姑さんとの同居にかなり慣れ
まわりの知り合いの協力もあると書かれていた。
けれど大変だと思うよ。

こっちもあなたが居なくなって大変さぁ
でもみんな元気
ありがとね。


先週末から何やら慌しく気がつけばブログも母屋も停滞。
見に来て下さった方、愛想なしのお構いなしでごめんなさい。
無駄足した!なんて怒らないで。

今夜
母屋の「箪笥の中」少々更新予定
追って「着物着る」なども

あ、そうそう
昨日出かけた際に浴衣姿の娘さんに遭遇
半幅帯を文庫に結び、素足に下駄でプラットフォームにおりました。
わたしゃ単衣のお召着用
同じじゃん!と言われれば・・・・

[PR]
by ukiukikimono | 2005-05-23 18:00

油断大敵・2005年5月19日

寒きゃ寒い、暑きゃ暑いと
勝手なこと言ってすみません。
でも
今日は暑かった。

こんな日は当然窓を開け放す、
当然ですよね。

こんな当たり前の事でも
最近はよほど注意していないと危険。

そよ風についウトウトなんてダメダメ。d0015580_20394819.jpg
こりゃウトウトなんてもんじゃないですが→
爆睡すると舌が出ちゃうんですよ、ミークン。
猫ならともかく
人は気をつけましょう。
特に若い女性はね、といいたいところだけれど
最近はそうとも言い切れない。
2、3日前近所のおばあさん(85才)が
外で洗濯物を干している時に
いきなり背後から暴漢に襲われた。

帰ってくるはずの無い家族が
たまたま戻ったので難を逃れたとか。

毎日毎日おぞましい事件が報道される。

住んでいるところが
高層だからといって油断するな(無施錠)
常に危機意識を持て。
と、どこかの教授がTVで話していた。

アタリマエダノご忠告。
そう、その当たり前ができない
近頃物騒、と口では言いながら、まさか我が身にはと油断している>自分
結局は他人事なんですね。

d0015580_2150923.jpgそれどころか最近は
飛んで火に入るチャット虫
にゃんてことするんだ
こわい目にあってからじゃ遅いぞ。
[PR]
by ukiukikimono | 2005-05-19 23:00 |

名は体を表さず・2005年5月18日

エゴノキ
d0015580_14482496.jpg
真下から撮るとその独特な雰囲気が伝わらないけれど
真っ白でサクラやカイドウのように垂れ下がった花、
ボンボンのようなかわいらしい蕾。
d0015580_14404752.jpg

近づくとぼやける・・・・
この花を撮るのは難しい。
d0015580_14531438.jpg

それにしても
ごつい名前を付けられたものよ。

[PR]
by ukiukikimono | 2005-05-18 19:05 | 木草花

みどりのそよ風いい日だな♪・2005年5月17日

d0015580_14565763.jpg



d0015580_14574513.jpg



d0015580_14584786.jpg








南の国から遠来のお客さま
今年の見初めは駅前商店日除けの下。
ツバメは人が見ていても平気
人目を恐れず、人目を利用して巣作り子育て
ツバメに利用されて人はうれしい。
うちにも来て欲しいなぁ
軒先に巣を作っておくれ
でもノラもいるしカラスもいるから来ないよね。

[PR]
by ukiukikimono | 2005-05-18 00:00

赤く咲くのはけしの花♪・2005年5月17日

d0015580_2230508.jpgケシの花って好き。
昔はあまり見かけなかったのに
最近道端や公園、雑草に交じってよく見るこの花、
赤くないけどケシの仲間でしょ?それとも花菱草かなぁ?
区別がつかない。

漢字で罌粟(ケシ)、難しい字だ。
芥子と書いてもケシ、
と思ったらこれはカラシと読むっていうじゃな~い。
オリエンタルポピーにアイスランドポピー
そしてヒナゲシにオニゲシ。
銀座木村屋のアンパンにはケシの実。

別名虞美人草。ちょっとイメージが違うけど
漱石を思い出した。
最初に読んだのはいつだったか「虞美人草」、中学生の頃か?
大学時代にも読み直したっけ。

深夜に箪笥の移動やら
本の整理など始めてしまい、こんな時間に!
整理とは言うものの、あれこの本は!あの本は?ってなことで
ほとんど整理になってない。
でも読み直したい本がたくさん出てきてうれしい。
虞美人草もどっかにあるはず。


追伸
この赤くないけどケシの花
ケシはケシでも「ナガミノヒナゲシ」であるとすばるさんが教えて下さいました。
旅とは言へリすばるさんのサイト 「草・ 木」に登場してます。
ありがとうございました。
[PR]
by ukiukikimono | 2005-05-17 02:14 | 木草花