うきうき離れ家

ukiukiwa.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

秋の夕日に~♪

d0015580_2243040.jpg
これはもみじではなく、桜です。
例のうちの裏の桜です。きれいに色づいて、あと一風で落ち葉の舞。
なんてのん気な事言ってられません、トヨにつまるんです。物干しの排水溝もつまるんです。
そうすると雨漏りするんです。
ロク屋根はだめよ、と母が言ってましたっけ。

本日11月29日、晴れ
気温18度、歩くと暑いくらいだった。

うちの晩ごはん、
すばるさんに教えていただいたので、ふかした頭芋を素揚げにする。
d0015580_2231086.jpg甘辛くからめてもよいとの事だけど、おかずに甘みはダメなので、
塩をふって食べる。
あ、煮魚は砂糖を効かせるし、厚焼きたまごも甘いのが好きです。

油を使ったので、ついでに牡蠣フライ。
湯豆腐、アサリの味噌汁。
[PR]
by ukiukikimono | 2006-11-29 22:16

11月28日・本日酉の日

昼休み、仕事仲間に「今日は午後から出かけるの?」
「今日はきものでお出かけ?」などと聞かれる。
なぜわかる!?
はい、夕方出かけます。
d0015580_2248241.jpg
浅草・鷲神社では門をくぐる人波にお祓いをしてくれる。
すごーく背が高い外人さん、
とても上手にきものを着こなして
またハンチングがよくあって、
お見事!

突然ですが、芋です。
d0015580_23155938.jpg頭芋というらしい。







この芋を知ったのは、ずっとずっと昔読んだ本に書いてあったのだ。

「唐の芋」と呼ばれる丸い大きな里芋をふかして笹の枝に5個ほどさして、売っている店もあった。
これを食べれば人のかしらになれるという。
「唐の芋」は「頭の芋」というわけなのだろうか。
~私の浅草・沢村貞子著~

最初にこの芋を見た時にはあまりに大きくてびっくりした。
赤ん坊の頭くらいの大きさ。
だから「頭の芋」なのだろう。
今はさすがに5個も輪にしては売ってない。
一個買ってみたが、重い重い。
d0015580_23341414.jpg四半分だけ切ると、なるほど芋かんだ。すでにふかしてあるのだが、もう一度暖め直して、塩を振って食べた。
明日はしょうゆ味でいこう。

酉の市も、三の酉にはここ浅草の鷲神社に来ることが多い。
その訳は「きもの着る」にてアップ・・・・って、そんなに大それた訳ではありませぬ。
[PR]
by ukiukikimono | 2006-11-28 23:07

いいことだってあるさ

年をとって変わったこと、
髪に白いものが増えた~とかじゃなくて、
なんとトイレの掃除が好きになった。
自分の家のトイレだけですけどね。

ところで、
ブログを書く時、出来るだけカタカナは使わないようにしているんだけど、
使っちゃいました。
この場合これを使わないとしたら、なんとしょう。
お○所はいやだし、お手水とかはばかりってのもなんだかねぇ。
うちのお寺さんは、えーとなんて書いてあったっけか?
ど忘れした・・・・

でもって、
トイレの掃除が億劫なあなた、まだまだ若いってことよ。
[PR]
by ukiukikimono | 2006-11-25 06:10

なめたらあかん

昔はどこのうちにも火鉢があって、
客用の手あぶりでもない限り、必ず鉄瓶がかかっていた。
鉄瓶の取っ手は熱く、子供は掴めないのだが、
大人たちはいとも簡単にヒョイと持って、お湯をつぐ。
大人ってすごいなぁとこんな時思ったものだ。

茶箪笥に入ってる菓子や、寒い廊下の隅に置いてあるミカン一つ食べるにも
親に一言「食べていい?」と聞いてから食べる。
今と違って、どこへ行くにも、何をするにも、何を買うにも、
親の許可が必要だった昔、早く大人になりたいと思った。

子供から見るとまさに大人は大きい人で、何でも出来る人だった、
が、
そんな大人が時として見せる本性というか、
子供を子供だからとあなどって、思わず出してしまった大人の「素」を
見た事が何度もあった。

子供をみくびっちゃあいけない。
子供は案外見通してるものよ。
[PR]
by ukiukikimono | 2006-11-24 22:57

わかった?

昨日の朝、右手の中指をドアで挟んだ。
すぐに湿布をして、午前中の仕事はこなしたけれど、
時間が経つほどジンジンズキズキが増してくる、
包帯を取ると、爪が真っ黒に。
爪下に内出血した為、圧迫されて痛かったのだ。
指先が2倍の太さに腫れてる。
こうなるともう箸も持てない、意気地がないったらありゃしない。
公演中のピアニストだったらどうするんだ。
琴の奏者だったら、琴爪なんかとてもはめられないぞ。
幸いそういう人ではないので、コップに氷水を作って、
その中に指を浸けていた。

痛い思いをすると「こりゃ何の罰だ?」とつい考える。
お灸をすえられるほどの悪さはしてないけれど、
心得違いはありましょう。

中指は兄さん指。
兄を思わぬ日はなけれども、日々の雑事に追われて・・・
いや、やはり追われているふりをしているのだな。
わかりました。
[PR]
by ukiukikimono | 2006-11-22 15:05

雨の月曜日

11月20日・月曜日
雨雨雨
大粒の雨が降る週明け、
こりゃ保育園の送りはおんぶだな、と思っていたら、
微熱があるとかで、今日は休ませることになった。
うつったり、うつしたりの繰り返し、
仕方ないかな。
[PR]
by ukiukikimono | 2006-11-20 06:01

雨の日曜日

朝、玄関のガラス戸越しに日が入っていず、
予報通りのさえない天気、
昼近くには冷たい雨が落ちてきた。
ま、いいんですけど、一人留守番ですから。

前から食べてみたいなと思っていた、ジーマミ豆腐とやら、作ろうかしら。
でも生ピーナッツ、ないんですけど・・・・
なくても、食べたくなったら食べたいの!
ということで、普通の袋入りを買ってきて作る。
本物を食べたことがないのだけれど、ゴマ豆腐みたいなものと言う人多し。
で、同じような要領で作る。
吉野葛があったので、それを使った。
分量もいい加減で作ったけれど、らしきものにはなった。
今日は誰もいないし、食べるのは私だけ、もどきでいいのだ。
だけど、次回はネットで作り方をよく検索してみよう。

夜6時過ぎ、
トントンと誰か戸を叩く、
クロネコさん、雨の中ごくろうさまです。
先日鎌倉に一緒に行った友が、着ないからときもの送ってくれたのだ。
すてきなお召とかわいい銘仙、そして琉球絣は麻かしら?
これはd0015580_2238357.jpg
友の知り合いの方(77歳)が訳あって譲ってくれたきものとか。
この方の母上が奄美大島出身で、この77歳の方自身も沖縄に住んでいたことがあるとのこと。
ジーマミ豆腐を作ったら、それに連なって・・・不思議な気分。
[PR]
by ukiukikimono | 2006-11-19 22:15

今日のびっくり

朝刊一面の広告欄に
「これ一冊で誰でも5分できものが着れる」

・・・・・
うーーん、
読んだわけではないけれど、
5分うんぬん、それよりも
「着れる」ってどうよ。
ついに本の表題まで「ら」抜きですか。
[PR]
by ukiukikimono | 2006-11-17 23:02

修理?買い替え?

このところ、と言うかずっと具合が悪かった、我デジコちゃん。
昨日、ついにダメになりました。
買った当初から故障が多かったんだけど、
ほっておくと、自然に直っていたりして、
その繰り返しで昨日まで。
さて、どういたしましょう。
縄文携帯電話には画像を撮る機能、ないのだわ。

さて、
きのうは暖かくて風もなく、気持良い秋の日だったけれど
今日は曇り勝ちで、4時を過ぎたら寒くなってきた。
ソトーブも炬燵もつけるにはまだちと早いかなぁ~
だけどじっとしてると寒いなぁ~というこの時期、
火鉢なんかだったら、丁度いいかも。

今の暖房機って、やぁね。
どんなに燃やしても、お湯の一つも沸かないんだから・・・・
火鉢にかけた鉄瓶、いつもお湯がチンチン沸いていた、
それを湯のみについで、ふーふーしながら飲んだっけ。

でも、昔の家と違うから、炭で中毒とか・・・
地震が来たら、火の始末が大変・・・とかとかとかで
毎年火鉢を出さないのだ。
[PR]
by ukiukikimono | 2006-11-17 16:24

朝焼けに月

d0015580_6451778.jpg

11月16日木曜日
早朝5時30分ころの空。
まだ暗い空にくっくりと月が!
でも、すでに東の空はあかあかと。

[PR]
by ukiukikimono | 2006-11-16 05:35