うきうき離れ家

ukiukiwa.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

おおつもごり

おおつもごりは静かに更ける。

私の実家は駅から1分のところにあって、賑やかなことは年中だった。
特に大晦日は夜が明ける前から動きがあり、
美容院、蕎麦屋はもちろん、電車も夜通し動いて、
終日うきうきわさわさとして、いやがうえにも気分は高揚したものだ。
最近の大晦日はすべてが早仕舞い、うっかりすると八百屋魚屋が休むところもある。

午前中横浜駅まで買物に出る。
今年最後の<着物着る>にしようと思っていたのに、くじけた。
昔は大晦日の百貨店などでは、きれいに髪をセットしたご婦人がかなりいたけれど、
見かけなかったですねぇ、今日は。
かく言うワタシもひどいかっこう。誰にも会いたくない、見られたくないファッション。
帰りがけに横浜駅地下通路できものに羽織姿の娘さん発見!負けた。
そして地元の商店街できものにコート姿の中年婦人とすれちがう。
きものはよそ行きっぽいんだけれど、髪が・・・・ボサボサ・・・
これから美容院へ行くのかしらん?
余計な心配しながら急ぎ足で帰宅。
今日は親族の懇親ゴルフコンペで我家からは夫、長男夫婦、次男が参加。
寒いのに早朝スタートだったから帰りも早いでしょう。
やることがいっぱいあっても身体が動かなくなりました、近頃は。
↓の画像で奥の鍋に入っているのは、お決まりローストビーフ。
d0015580_2227183.jpg正月料理一番の人気物。
焼き上がったら
酒、醤油、酢、焼いた長ネギに漬けるのが我家風。
今年は
次男のお嫁ちゃんがとても上手に仕上げてくれたので、
大助かり。
ありがとう。

ところで手前にある
←これ、何だと思いますか?

さつま芋で作った和菓子です。
d0015580_22275999.jpg皮をむいたさつま芋を切って、
水に晒しておき、
茹でて裏ごし、グラニュー糖を少し入れてよく混ぜ、
中にこしあんと栗を入れて茶巾に絞りました。
と言っても絞ったのはサランラップ使用、
このまま食べるまで包んで置けるので便利です。
あんこが甘いのでさつま芋の方は砂糖を控えめに。
そうこうするうちに殿方帰宅、
次男一家と年越し蕎麦を食べる。天麩羅蕎麦です。

時計は11時を回って尚無水鍋で豚の角煮を作ってます。
コトコトコトとあと少し煮なければ。
そうこうするうちに除夜の鐘が鳴り出すでしょう。

d0015580_2302819.jpgチューちゃん出番ですよ。
ネズミのストラップを戴いたので、
縄文時代携帯電話に付けました。

この一年うきうきに来て下さったみなさま、
ブログにコメントをして下さった方々、
ありがとうございました。
心から御礼申し上げます。
来る年もどうかよろしくお願いいたします。
良い新年をお迎え下さいませ。
[PR]
by ukiukikimono | 2007-12-31 23:07

大判小判がザックザックザックザク?

フェンス際の落葉を掻き寄せたら
下からラッパ水仙の芽がポチポチポチとたくさん出てきた。
あっ!と思う瞬間、何とも言えない愛しさとうれしさがこみ上げる。


そして山吹色ならぬ赤い実も冬の庭の賑わい。
万両
d0015580_18504052.jpg



千両
d0015580_1851192.jpg



百両
d0015580_18514056.jpg












今年も残すところあと一日。
このところずっと暖かい日が続き、あれやこれや仕事のはかが行きました。
今日は肉、野菜、鮮魚の買出し、
あ、それから来年はくパンツ5枚と白のソックス5足も買ったのでした。
この二つはいつも新しい物が揃ってないといやなんです。
これから酒、醤油、味醂を一煮たてさせ、数の子を漬けるタレを作りましょう。
[PR]
by ukiukikimono | 2007-12-30 20:50

ちょっと甘かった

タマゴをたくさん戴いた。
d0015580_0382955.jpgセイアグリー健康卵と言うもので、癖が無くとてもおいしいタマゴ。
何十年ぶりかで生卵かけご飯なんて食べてしまった。
折しも暮の30日、伊達巻も作りましょうねぇ。
大きな卵焼き器が無いので、いつも丸いフライパンで焼く。d0015580_040686.jpgすりおろした山の芋、裏ごししたはんぺん、タマゴをすり鉢の中でよくまぜる。
うちのスリコギはチャチでいやだなあ。
焼きあがったら寿司用マキスで巻いて、このままお正月まで冷蔵庫。

塩数の子も今晩から薄い塩水につけて塩出し。
数の子は大大大好き。
お正月の一番の楽しみなのだ。
今では普段でも数の子を食べられるけれど、それは何となく後ろめたい。
やっぱりお正月の食べ物。
お正月の贅沢なのだ。

私の子供の頃は数の子って乾燥数の子だったような・・・
今のように値段も高くなく、どんぶりにいっぱい入っていたような気がする。
[PR]
by ukiukikimono | 2007-12-30 01:18

煮えたかどうだか食べてみよ♪

ここへ来て、今朝は大寝坊。
このところ何だかくたびれちゃって・・・・
今日は休日だから寝坊してもいいんですが、ゴミ出ししなきゃ!
それからは大車輪。
まず玄関内に入れてあった鉢をみんな外に出して水遣り、暖かい。
それから黒豆を火にかけ、餅つきの準備。
もち米を蒸す匂いが師走らしくていい感じ。
黒豆が煮立ってきたら沫を取り、火をとろ火にして5時間じっと我慢。

お餅は一回に一升しか搗けないので、
6回にわけて搗きます。前半3枚搗き終わったところ。
d0015580_1351346.jpg

明日は長く一緒に働いてくれた仕事仲間が退職するので送別会。
その準備もしなきゃ。



黒豆も煮えたようです。
でもすぐに蓋を取らずに鍋の熱が取れるのを待つ。
これが苦手、出来具合を見たいじゃない?

あ、いいあんばいにふっくらと煮えましたよ。
d0015580_1442563.jpg
40年近く使っている無水鍋ではあまりに無粋、d0015580_7111673.jpgちょっときどってガラスの器に。
食べてみよう、
おいしい!
[PR]
by ukiukikimono | 2007-12-28 01:05

遅れているような進んでいるような

d0015580_23382319.jpg例年28日に餅つきをするんだけど、よそへ差し上げたり、遠くへ送ったりするのにちょっと慌しい。
で、今年は早めに搗こうともち米を研いで水につける。
黒豆も明日煮ようと下ごしらえ。
この黒豆は丹波産、
夏に黒大豆枝豆を送って下さる方が、暮には乾燥した黒豆を下さる。
大粒で立派、さすがです。
数ヶ月前の「鶴瓶の家族に乾杯」という番組で丹波篠山地区が写り、
この黒豆を作っている方が出た。畑の様子もわかった。
と言うことで、いつもより親しみを込めて煮ましょう。

黒豆っていろいろな煮方があるのね。
みなさんはどうしてますか?
お湯を煮立て火を止め、砂糖、醤油、重曹少々を入れ、洗って置いた黒豆をその中に入れ、
一晩置き、その後とろ火でじっくり煮る、というやり方で今年はいきます。

豆類は長時間煮るので、ガスではもったいない気がする。
練炭を使いたいけど、売ってない。
ネットで買えるかしらと、2年くらい前にしらべたら
今、練炭ってとんでもないことになっていてびっくり。
気分が悪くなって、使う気が失せたのだった。
[PR]
by ukiukikimono | 2007-12-27 00:14

あれやこれや遅れ気味だけど

昨年の今頃は
風邪をひいてかなりつらい思いをしてたっけ、とブログを見直したら、
やはりそうでした。
こじらせたのか、たちの悪い風邪だったのか、
ずいぶん長引かせてしまった。
今年は快調!
口を閉じて鼻からスースー息が出来るってなんてラクなの!

先日23日に行った江戸川橋付近の町内で(文京区水道あたりか)
各戸の門に松と背の高い笹竹を立てて有るのを見て、懐かしくもうれしかった。
だって近年は松だけのお宅が多いでしょ?

昔、実家もまわりの商店もみんな笹竹に注連縄を飾り、
風が吹くと笹の葉がカサカサとなって、
その中を人が忙しげに行き交い、年の瀬の音だった。

うちは毎年28日に門松をたてるのだけれど、
今年はも少し早くしよっと!
[PR]
by ukiukikimono | 2007-12-25 22:11

月の良い晩

d0015580_0384864.jpg
満月です。


おかげさまで猫は元気になってきました。
食欲もあります。
抜糸までもう少しの辛抱。

[PR]
by ukiukikimono | 2007-12-25 00:40

かぼちゃ、食べそこなった・・・

今日は冬至、
昼の時間が一年でもっとも短いそうだけど、
今日は朝からどんよりと曇り、きのうまでの暖かさとうってかわって寒い。
昼過ぎから雨もパラパラ落ちてきて、夜になって本降り。
ということで、短いどころか陽はまったく射さなかった。
でもいいおしめり。

柚子は大好き。
匂いをかいでいるだけでいい気分になる。
白菜を漬ける時にも入れるし、蕪の菊花漬けにもかかせない。
お椀ものに柚子の皮をほんの一かけ載せるだけで気分がグンと良くなる。
ああそれなのにそれなのに、冬至に柚子を買い損ねました。
えーーん、と思っていたら
お嫁ちゃんが一個くれた、ありがと。

さぞかしうっとうしいだろうと思われるでっかいカラーをつけた猫は、
こちらが案じるほど苦にしていない様子、ちょっと救われる。
でもこれをつけたまま餌を食べるのは無理、だと思うよ。
で、食事の時にははずしてやる。
うっかりすると、縫合したところをなめてしまうので、
すぐにカラーをしないといけない。
何しろ包帯なしで、縫った糸がそのまま・・・・・仕方ない。
[PR]
by ukiukikimono | 2007-12-22 22:59

猫その後

手の爪と指の手術を17日にするということで、
前夜9時以降は食事を与えず、昼までに動物病院へ連れて来るように言われていた。
そんな時に限って餌をねだられ、つらかった。
私は根性無しで病院へは行けず、お嫁ちゃんが連れて行ってくれた。
夜獣医さんから電話があり、一応手術は終わったけれど、
予想以上に根が深く、根治的なことは出来なかったとのこと。
その日は入院。

翌18日、動物病院へ夫に行ってもらう。
どうも患者(?)の態度が反抗的で、獣医さんに威嚇するし、
食事もしないらしい。
で、19日に連れ帰ってきました。
d0015580_0507100.jpg

[PR]
by ukiukikimono | 2007-12-22 00:50

猫のこと

高いところから飛び降りた時に痛めたか、
はたまた何かに引っ掛けたか、
左手の爪から血が出ることがよくあった。
あ、これは猫のことです。
一度獣医さんに見せなくてはいけないなとはおもっていたんだけれど、
何しろ聞き分けガない。
赤ん坊の時に一回行って、大暴れ、
以来ここ9年ほど動物病院に行ってない。
それでもいよいよほっておけなくなり、11月末に連れて行った。連れて行ってもらった。
ある程度の外科的処置はしなければならないだろうとは思っていたが、
それだけでは済まないことになり、
その日は応急的対処だけで帰ってきたのだった。
[PR]
by ukiukikimono | 2007-12-20 22:54