うきうき離れ家

ukiukiwa.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

名残りはつきねども

d0015580_21894.jpg

歌舞伎座と一緒に幕とは、あまりに出来すぎの感ありで、気がひけますが、
2010年4月30日、本日を持ちまして「うきうききもの」の更新は終了いたします。

十年の長きにわたってご贔屓いただきましたこと、深く感謝するとともに、お礼申し上げます。
お世話になりました!
うきうきに足を運んで下さったみなさま、ありがとうございました。

お名残りおしゅうはございますが、思い残す事はありません。
楽しかった!
ありがとう!

平成22年4月30日
うきうききもの@あつこ
[PR]
by ukiukikimono | 2010-04-30 22:40

放牧に感謝

ことしの牡丹は良いぼたん♪
じゃなくて、今年の糠みそよい糠みそ。
冬の間ほったらかされて、すっかりグレてしまった糠みそに、手をやいたのは昨年の春。
これに懲りて、ずっと手を抜かず、寒い間中糠みその世話をしてくれたのは、だんな様でした。
そして今、カブの糠漬け最高!と食べているのはワタクシです。

夫はずっとずっと昔(学生の頃カ?)誰だかに、「あんたは女運が悪い」と言われたそうな。
当たってないと思うけど・・・・

なにはともあれ、この10年、ワタクシを放し飼いにしてくれてありがとう。

という事で
店じまいにつき、閉店大サービス画像はこちら。
[PR]
by ukiukikimono | 2010-04-29 10:30

大雨洪水注意報

昔のきものが好きなので、着ているものはほとんど古着です。
いわゆるアンティーク着物といわれるもので、古着屋で買ったものがほとんど。(オークションで落としたもの含む)
状態が良く、寸法があっていれば、生洗い(まる洗い)で済ますこともありますが、
ほとんどは解いて、洗い張りして、胴裏と八掛を新しくし、仕立て直します。

長襦袢は好みの柄がとても多いのに、ダメなのです。
(古いきものを長襦袢にするのは大丈夫なのです)
浴衣もダメです。
ショールもダメです。
これらは煮ても焼いても洗ってもダメです。
古着で着られるのは、長着、羽織、帯、コートまで。

洗い張りして、きれいに仕立てあがったきものや羽織は、
灰かぶりのシンデレラが磨かれて、お姫様になって帰ってきたよう。
生まれ変わってます。

こうして手を入れたものは愛着があり、手放すことなく、一回でも多く着たい。
そこいくと、丸洗い程度で済んだ優等生、当時はかかりが少なくて助かった!と思ったけれど、
そういうものは今になると、気持が薄いのです。

きのう午後からまたしても雨。
着物は着たのですが、写真は撮らず終い。
ここへ来て・・・むむむ

雨戸打つ雨音で何度も目がさめた。
今朝はひどい降り。
神奈川県東部、西部に大雨洪水注意報が出ている。
こりゃ幼稚園送りが大変だ。
[PR]
by ukiukikimono | 2010-04-28 06:16

さてその後は?

4月いっぱいまでの、「着物着る」の回数は61回になりそう。
2009年の4月30日までは44回
2008年の4月30日までは50回
2007年の4月30日までは43回

今年がダントツに多いのは、
終了するから頑張ったわけではなくて、これからずっとこんな回数で安定しそうなのです。

きものを着る事によって、日常生活からちょっと離れて、楽しむ、
家族とか、今ある立場を忘れて、自分が自分だけの自分になる事が出来たのでした。

それが、回数が増えることによって、着物着ることが、日常的になってしまい、
非日常で遊ぶ「うきうき感」が薄れてきてしまいました。

きもの着る回数が増えた、という事が、うきうきに幕を下ろす大きなきっかけとなったのです。
矛盾しているようですが、それが本当のところです。

さて、
枕詞「うきうき」が取れたあつこさんはどうなるのでしょう?

うきうきが終了して、まわりの景色はかわるでしょうが、私自身は変わらず、
このまま着物着続けます。
[PR]
by ukiukikimono | 2010-04-27 06:26

お日さまにこにこ

d0015580_18352239.jpg今年はどの花も咲き出しが遅く、
ジャーマンアイリスもツンツンとたくさん蕾をつけたまま、
雨やらみぞれやらにあって、そのまま足踏み。
←4月24日、まだ「いないいない」状態で
「バァ」まで行ってませんが、
外の花びらが開きはじめました。
咲いた後、春の寒波にやられず、うまい具合でした。
きのう25日は快晴。久しぶり!
暖かいというより、陽射しは暑いくらい。
最高の里親会日和。
1月、2月は、終了する頃、とっぷり日が暮れて、河川敷なので、もの寂しさを感じたものでした。


うきうきをずっと見ていて下さったという方が、
わざわざ里親会会場まで「10年間ごくろうさまでした。」と会いに来てくださいました。(感涙)
サイト管理者の冥利につきます。

ああ、それなのにそれなのに、私のあの服装・・・・初対面なのに・・・汗汗汗。
そして、お名前も伺わずじまい、失礼いたしました。
コメントを非公開になさって、どうかお名前なりとお教えくださいませ。
ありがとうございました。
[PR]
by ukiukikimono | 2010-04-26 13:00

いい話

私には四人の不良兄貴がいた。
とは、佐藤愛子著「まだ生きている」の中の一節。
もう少し続けると
長兄サトウハチローは自他共に許す大不良で、上野の美術学校(現在の芸大)の堂々たるニセ学生だった。
あまりに堂々としているので、彫刻の朝倉文夫先生は廊下でハチローを見かけると、
「佐藤は入学以来、作品を提出しないが、
材料がないのなら私があげるから取りに来なさい」といわれたという。
何んという純真な芸術家魂であろうか。
この話を思うとき、私は兄の所業を恥じるよりも、朝倉先生の人となりの大きさに胸うたれる。

この後、美術学校校長と、上野動物園園長とのもっともっといい話は続くのだけれど、
「これから書く話は、今までに何度か書いたり、話したりしたことがるから、既にご承知の方もおられると思うが、」と著者が言うように、私も以前何かで読んだことがある。
何度読んでも胸がいっぱいになって、泣いてしまう。
「後年その話をする大不良ハチローの目にも、涙が浮かんでいた。」とも書かれています。
それほどいい話なんです。
それは本を買って読んでください。

要はそれが「おとな」というものではないか。ということなのです。
昔はいたんですね、大人物たる人が、日本に。

台東区谷中にある朝倉彫塑館(現在修復工事中)、には2001年8月9日に行きました。
[PR]
by ukiukikimono | 2010-04-24 17:30

花は気持を和ませて

d0015580_18282630.jpg戴いたお花は、
うまく水を上げてくれたので、元気です。
きのうは25度の夏日で、電車の中は冷房。
出かけるのに、単衣の羽織でも暑苦しい感じ、
で、今年初、紗の羽織にしました。
今日はみぞれかと見まごうような大粒の雨が
朝から一日中。
気温は10度に届かない。
18日は晴れてほんとに良かった、と今さらながら。
うきうき楼おかみさん最後の晴れ女ぶり。いかったぁ。d0015580_1841517.jpg

このところ用事が立て込んで、昨夜は湯船で舟こいでしまいました。
今夜は早寝しよっと。
[PR]
by ukiukikimono | 2010-04-22 22:00

ほんとは

d0015580_1150268.jpgこのところ時間があれば例の怪我した猫さがし。
竹薮を捜索すると、
あれ、タケノコが。
掘りたいけど、よその土地だからダメでしょ?
←それに目印みたいなものがさしてあるd0015580_11524462.jpg↓ここまで大きくなる前に掘ったらいいのに。
なんてきのう思っていたら。
今朝ピンポーン。
長男の小学校同級生のお母さんが「季節になりまた」と。
ほんとはタケノコ、茹でたのを戴くのが好きなんだけど(そんなこと言っちゃあいけませんメッ!)
いつも必ず糠をつけてくださる。
以前ためしてガッテンで、糠なしでいいと言ってたような・・・?
吹きこぼれるとえらいことになるので、糠をいれずに茹でた。


横浜物語の移民について「続く」としながら、
続けなかったのは資料が消えちまったんです。
沖縄からハワイへ移民した若い娘さん、向こうで独特の衣服をあみ出して、
それを着ている写真、すばらしくかわいかったのにのにのに。

一昨年はブラジル移民100年ということでした。
ほんとは横浜の港から海を渡って行ったたくさんの人を偲び、アップしたかったのにのにのに。
[PR]
by ukiukikimono | 2010-04-20 23:58

さぶい

きのうも雨、今日も雨、夜になってますます雨足強くなる。
本日横浜の気温5度、明日の朝は2度の予報。
に、2度??
さぶいぞ。

五代目志ん生は神田の生まれ。
噺の中で
しだり(左)、しばち(火鉢)、しめぎみ(姫君)、しぢりめん(緋縮緬)。
昔のしと(人)の言う事はちがわねんだよ。なんて。

しどい雪、戸のすきまからしが見える(火が見える)「さぶかったでしょう、お入いんなさい。」
年のころは25、6、山家にまれなるいい女。
髪は結んでおりますが、柘植の櫛を横に挿しまして、
弁慶のあらい着物に、黒繻子の襟をかけて、
その上から紺へ白く翁格子の出た縮緬のねんねこ半纏、は落語「鰍沢」。
着ている物の描写がいいねぇ。

落語「鰍沢」は
三題ばなしの一つで、円朝が客からお題を与えられ、即席で作った噺、
その時のお題は鉄砲・毒消しの護符・たまご酒。
この三つを取り入れて、その場で一席の噺にまとめ上げるというんだから、こりゃすごい。

落語家誰でもできるものじゃありません。

昭和32年録音、志ん生を聴く。


追伸
みぞれか・・・・霰が交じってる・・・・
今日緑道で怪我してるみたいな猫を見かけた。
気になる気になる気になる・・・・
[PR]
by ukiukikimono | 2010-04-16 22:44

だから言ったでしょ

d0015580_12503626.jpg女心もこうまで激しく変わらないって・・・・
本日6度。
防虫剤を入れてしまったショールを、また引っ張り出す。
咲いた桜に雪が降って、桜の花を隠してしまうという意である、
「桜隠し」という言葉が、新潟のどこかの地域にあると、
先日テレビで知った。
越後に桜が咲きだすのは4月10日過ぎだろうから、
こういう事は昔からあったわけだけど、
きのう、北海道の暴風雪は凄すぎでした。
[PR]
by ukiukikimono | 2010-04-15 13:46